FC2ブログ
 

水槽紹介!

どうしても新入荷・在庫情報の更新やツイッターがメインになってしまいブログの更新が
疎かになってしまいます。すみません・・・。
しかし前回の更新が元日お正月セールの告知とは・・。さすがにマズいので週一?二週・・・・?
せめて月一目指してマイペースで頑張ります。
お客さんが一番気になるであろう新入荷情報や個体別販売ページは今まで通り!怒濤の更新
行いますのでお許しを。

さてさてお客様水槽のご紹介。アクリルオーバーフロー水槽1200x奥行き750x高さ600の
玄関前埋め込み水槽です。長野県 H様。
PB190004.jpg
これは画像ですと上手く伝わるか心配なのですが、中央ハタゴイソギンチャクの
コンディションがとにかく素晴らしい。長期飼育されており超巨大。
左側はウミキノコ。こちらもでかい。
PB190052.jpg
カラフルグリーンやパープルハタゴも良いけれど、褐虫藻たっぷり健康的で浅場サンゴ礁の雰囲気が
出ており格好良いです。

GOPR1274.jpg P7010032.jpg
一昨年の沖縄本島です。水深2メートルほどの巨大ハタゴ、2枚目は同じく浅瀬のサンゴイソギン(タマイタダキかも?)
まさにこんな感じで非常に格好良い!

PB190010.jpg
ライティングはスポットLEDがメインで、短時間との事ですが天井から高演色系のメタハラでガツンと照らします。
魚はフレームエンゼルやキイロハギ等が状態良く飼育されていますが画像なし・・

実は単純に水槽拝見でお伺いした訳では無く、遡ること昨年11月・・・アクリル→ガラス水槽に入れ替えるご相談を受け
打ち合わせ中に数枚撮らせて頂いた画像なのでした。
PB190002.jpg
もともと当店でセッティングさせて頂いた設備では無いので少々心配はありましたが
無事に同サイズのガラスオーバーフロー水槽に入れ替えることが出来ました。
本当でしたら新しい水槽の画像なども併せてご紹介したかったところでありますが、
情けなや、作業当日にわたくしが高熱でダウンしてしまい現場に向かえず・・・・。
20?30年?振りと思います40℃越えで動けず、ご迷惑お掛けいたしました。

海水魚だけでなく、かなりの動物好きなH様
なんとビックリ!ケヅメがいますよ!大興奮
PB190060.jpg PB190058.jpg
ケヅメリクガメと言いまして、最大で甲長80cmほどになる大きなリクガメです。
個人的な趣味で少々囓っておりまして、ケヅメ長期飼育の大変さというか覚悟は理解してるつもり?です、
20年~飼育されていると仰っていたような・・。
出来ればマイペットにも欲しいですが到底無理ですね。
11月の長野県で、もちろん保温はバッチリされていますが半屋外飼育です。これにもビックリ。
甲羅もツルツルで型が良く格好良い個体と思いませんか?分かる方おりますかね。

埼玉県 K様 ガラスオーバーフロー水槽 600x奥行き600x高さ500
P1270007.jpg P1270005.jpg
今回、水槽をレッドシーリーファー250に新調するご依頼を受け、数年前のものになりますが
絶好調時という事で、画像を送って頂きました。ありがとうございます。
既にリーファー250のセッティングは無事完了しておりますが、そちらの画像は
またまた無しなのです。
ポンプに余分な負荷を掛けないように配管の取り回しは結構気を遣いました。
キャビネットを細工してポンプ→クーラーにスムーズに送水出来るように、
後はなるべくスッキリ綺麗にまとまるように!画像貼って説明したい・・。
今回はダウンせずにお伺いできましたが、セッティングに夢中のあまり画像撮影するのを
忘れておりました。これだからブログが停滞するのです。

P2170001.jpgP1270001.jpg
旧水槽撤去の際にお預かりしたコンフサコモンサンゴ。こちらもかなりの逸品。
この形状見て下さい。
分かりにくいですが、スギノキ奥が同一個体と思います。数年前の画像だと10cm無いくらいの
サイズでしょうか。
コモンサンゴの仲間で、ウスコモンサンゴと枝コモンサンゴを足したような形状に成長する
人気のSPSです。
ac101.jpg P2170005.jpg
P2170003_201902171957190b1.jpg P2170002.jpg
成長も早いし綺麗でカタチもGOODなので、以前から当店でもフラグ作成してます。
ホームページに載せているのは一部で、店頭には沢山在庫ありますよ。
カットして接着しただけでは販売いたしません。画像のように土台に活着するのを待ってから
販売するようにしています。こうなれば購入後の水質変化や発送のストレスにも耐え
長期飼育も容易です。

以前にも書いた記憶がありますが他人の水槽を見てみたい方、水槽拝見(スイハイ)希望者
募集中です。他の方の水槽、生体、周辺機材や飼育方法、きっとアクアテンションも上がるはずですよ。
オススメです。 VESSELとがわ まで。
スポンサーサイト
 
 

水槽拝見 その④ プラス番外編

間が空いてしまいすみません。水拝シリーズ ラストは最早説明不要のK様邸です!
4年ぶりの訪問。あ羨ましや水槽小屋でございます。
P6040052.jpg P6040067.jpg

話には聞いていましたが見てびっくり。
メイン?のトサカ群&混泳水槽が魚のみの混泳水槽に変更されています。
水槽サイズ1200x600x600
P6040062.jpg P6040075.jpg
ブラックバンドペアー始め多くのメンバーが健在。流石であります。
やはり底砂が無いと随分広く見えますね。
迫力のあるツキチョウ(K様曰くまだトリートメント中)、バーゲス、マルケサン、ユウゼン
 珊瑚水槽だと困難なチョウチョ類の比率が増えていました。
018_20130211173523_20170708131154ad2.jpg
前回の様子です。

カクオオトゲ水槽が淡水化!こちらは素人なので説明できず申し訳ありません。
タナゴ・・?でしたでしょうか?淡水も中々癒やされます。
P6040060.jpg P6040059.jpg
016_20130211173515_20170708131152d2c.jpg
前回の様子です。カクオオトゲは何処に!?

P6040068.jpg P6040057.jpg
こちらにありました。900水槽を新設されて、こちらに移っている様子。相変わらずハイグレードです。
どの個体もふっくらプニプニ。頻繁な給餌の賜。

そして陰日水槽。光を受けて成長する珊瑚が好日性。
こちらは光合成をしない珊瑚を集めた水槽です。餌やりが必須なため
中々敷居が高く思われがちですが、高価なフルスペクトル照明は不要で
ミドリイシ水槽より初期投資を抑えることが出来ます。
考えようによっては手軽に始めることも可能なのです。
P6040063.jpg P6040065.jpg

P6040056.jpg 金魚もおりました。

システムの変更や、一部淡水化されていたりとこの4年で色々変化があり
何時もながら非常に楽しませて頂きました。
T氏に続きK氏も海水縮小か!?と思いきや冷静に考えると海水水槽の規模はそう変わらず
単に淡水水槽が2本増えただけなのでした。良かった良かった。

そしてそして水槽拝見~番外編~
ご都合が合わず、残念ながら今回不参加だったY様邸に急遽訪問してきました。
1200新水槽設置のためにお伺いして、設置後 一人スイハイして参りました。
スマートフォンのため画質悪いですがお許し下さい。

DSC_0525.jpg DSC_0544.jpg DSC_0543.jpg

ゴールデンバタフライの乱舞。この状況で年単位維持とは只者ではございません。
当然小競り合いはあるそうですが、ヒレ欠け等も見受けられず綺麗な個体ばかりです。
スクリブルド、イナズマヤッコ、東アフリカマクロススなど。
何気なくココスピグミーエンゼルが混じっています。恐るべし。

別水槽です。1200x600  2本
DSC_0529.jpg DSC_0530.jpg
DSC_0534.jpg DSC_0531.jpg
DSC_0540.jpg DSC_0539.jpg
DSC_0541.jpg DSC_0526.jpg
何れも20cmオーバー個体がゾロゾロおります。ワヌケヤッコ、クイーンエンゼル、
タテジマキンチャクダイは30cm近いです。ここにもスクリブルド!太っていて
格好良いですね
ソハールサージョンも30cm近くあるでしょう。性格が強く困っているそうですが、
やはり大物は綺麗!

DSC_0537.jpg DSC_0535.jpg
コンスピ20cmオーバーと、他にもチラホラと・・。

トリートメント水槽でタウンゼントエンゼルがおりました。
DSC_0546.jpg
こちらの水槽は撤去予定とのことですが・・?

しっかり仕事もしておりますよ!1200x450水道の配管が終わり水張り中です。
DSC_0522.jpg DSC_0523.jpg

全ての水槽はウェット濾過の魚混泳水槽です。もちろん新設の水槽も同様です。
長いキャリアですがサンゴ飼育の経験はゼロだそう。何度かお勧めはしてみましたが撃沈・・。
それだけ徹底して魚飼育に拘るY氏なのです。

と言うわけで?すっかり水拝の魅力にはまってしまいました。
店頭で日々販売しながら目にする生き物たちですが、お客様宅で長年飼育されている
個体の仕上がり具合や、それぞれのレイアウト、管理法などなど。
とても刺激的で勉強になります。
そこで!VESSEL企画で水槽拝見ツアー参加者募集しちゃいます。
小型水槽で維持されている方、始めたばかりの初心者の方、大歓迎です。
気後れされずに是非是非よろしくお願いします。
ルートにもよりますが1日で5件ほどが限界でしょうから、
ひとまず定員集まり次第(集まるかな?)詳細検討するかたちでいきます。
日程はまったく未定ですがご容赦下さい。ひとまず当店近郊エリアでお願いします。
同じ趣味の方と交流したり、人の水槽を見る機会は中々無いので楽しいですよ。
中々集まらないと思いますが・・・・企画倒れ覚悟でアクション起こしてみます!
宜しくお願いいたします。
 
 

水槽拝見 その③

さてさてお次は当店近くのA様邸・・・では無く
お勤め先の郵便局に設置されたこちらの水槽!
P6040050.jpg P6040049.jpg
当店で設置作業はいたしましたが、日々の管理・メンテナンスは
こちらの局長さん(A氏)が行っている完全趣味?の水槽なのです!

こちらは数年前スイハイの様子。当時ご自宅に設置してあった大型水槽です。
ですが訳あってこちらの水槽は撤去する事になったのでした。
005_20130211173400_2017061817125864e.jpg 007_20130211173431_201706181723553e5.jpg
   もう10年は来ていないレスプレ。次はもう、無いのかな・・・

ここで飼育をやめないところが素晴らしい!マリンアクアリストの鏡と勝手に呼ばせて頂きます。
局内に合うよう薄型の水槽にチェンジしての再始動です。
P6040042.jpg P6040045.jpg
A氏が苦手なナンヨウハギはお客様のリクエスト。ご自宅とは違いマニアック路線に
突き進めないので一先ずニモとドリー。始めて海水魚水槽を見るお客様にも
喜んでもらえる水槽作りです。お子様にも大人気!

P6040044.jpg P6040047.jpg
レンテンヤッコが泳ぐ郵便局なんて他にあるでしょうか??無いと思います。
よく見るとバンド乱れのシマヤッコも。 
A氏拘り?のプリンセスモノクロームにエンタクミドリイシ!それからスターポリプの絨毯。
うーむ。やはり個人的趣味の水槽と思われます。

当店から車で10分!下大類郵便局 様で見ることが出来ます!宜しくお願いいたします。

つづく。



 
 

水槽拝見②

引き続き水拝ネタでございます。
トイプードルをこよなく愛すT様邸へ。
ドックラン・空調付き小屋も有、ブリーダーさんかと思ってしまう規模で飼育されてます。
P6040020.jpg P6040041.jpg

早速お部屋へ・・・
とにかくヤッコが大好きなのです。1200x700x600混泳水槽に600ワイド水槽連結
右画像のマクロススは単独飼育 スレッド伸びが抜群。
混泳水槽のマクロスとは別個体です。
P6040040.jpg P6040033.jpg

P6040037.jpg P6040022.jpg
P6040039.jpg
ちょっと殺風景な?ミドリイシ水槽ですが、水槽の主役はレンテンヤッコペアーなので問題なしだそう。
6cm弱で♂の特徴がしっかり出た個体。珍しい!飼育下で♂化&ペア化してます。
1200x900x600水槽にレンテンペアーのみ。無給餌です。この辺りがヒントか?
逆にこれから大きく育てたい場合は餌やり必須でしょうか。

P6040029.jpg P6040028.jpg
そうです。過去何度か登場されているT氏宅です。もう何年も変化無しの落ちついた水槽。
P6040031.jpg
前回訪問時より少々規模が縮小されており寂しいですが、
好きな生体をトコトンは継続中の同氏でありました。  続く。






 
 

水槽拝見!

お客様の水槽を見せて頂く機会がありましたのでご紹介します。
    「群馬スイハイツアー」参加してきましたよ。

今回参加者10名ほど。1日かけて4件訪問します。
トップバッター「Y様宅」
P6040018.jpg P6040010.jpg
うーむ、新鮮です。マメスナフラグ コレクション水槽!昔はなかったスタイルでござますが
流れが来ているのでしょうか。ベトナムフラグ、US他
P6040012.jpg P6040016.jpg
照明はハイドラHD、餌も液体フード2種と粉末フード数種を練って与えているそうです。フラグラックも自作との事。
P6040007.jpg P6040011.jpg
P6040008.jpg P6040006.jpg
60cm水槽2台置きでこちらはレイアウト水槽。ハタゴやペルクラなどがおりました。
サンプは共用でナチュラルシステム。バイオペレットも使用されてました。
P6040015.jpg
これ興味深かったです。自作サイフォンオーバーフロー。
再始動、エア抜きもノントラブルだそう。この仕組みは見たこと無いかも。

まだキャリアは浅いそうですが、照明の波長、水質、機材類他、いろいろ研究熱心で
お若いながら中々気合いの入ったアクアリストでありました。      つづく。